当社は、経営理念を『乗り越える力』とし、
成功=乗り越える力が最も必要という考えを持ち、
目の前にどんな困難な事や試練が待ち受けていてもその壁を
乗り越える精神、気持ちが一番大事だと考えます。
飲食業のノウハウやマニュアルよりも、人として商人として
何が大事かを教え、仕事を通じて人格を磨き、幸せな人生を
送れる様に共に学び共に成長して行きたいと考えています。

当社で働いている人の全員が幸せになれる様に、
日々全員で力を合わせて同じ方向を向ける会社作りを目指します。
人として礼儀、あいさつ、義理人情、感謝の気持ちを大切にして、
常に笑顔を心がけ、やらされるのではなく、心の奥底から
お客様を喜ばしたい、お客様の為に何が出来るかを考え、
日本人として一番大事な『真心』を持って仕事を楽しむ人を
一人でも多く育てていきたいと思います。
この真心教育に力を入れ、世の為、人の為に成れるような
会社を共に作っていきましょう。
最後に、挑戦する人には必ず壁が来ます。

それを乗り越えていきましょう。
真心をこめて!

常笑バッジ

商人としての絶対条件。
全従業員が最高の笑顔でお出迎えする。
お客様への感謝の気持ちが有れば自然と顔に出る。
見えない所にいても、常に笑顔。厳しい時こそ笑顔。
笑顔からすべては始まる、笑顔で作る良い環境に人は集まる。
常笑

戦友バッジ

お客様の為に自我を抑え、共に助け合う仲間。
今日の飲食業界は正に戦国時代です、本物しか生き残れません。
お客様の満足の為に全力を尽くす、スタッフ全員が
思いを一つにする。
結束が限界を乗り越え、自分自身を成長させる。
仲間への愛情は、自分への愛情と同じ、仲間を大切に
思う気持ちが無ければ自分も大切に出来ない。
1人1人の責任ある行動と発言が、信頼を生み、絆を作る。
戦友

真心バッジ

日本人の、人のために尽くす心。
すべての判断は、そこに真心があるか?
人が見てなくても、自分の得にならなくても、ただ純粋に
お客様の為に動き考える。
「自分以外の何かのために、動ける」と言う事に
勝てるものはない。
日本人の誠実でまじめで感謝の気持ちを持って、
お客様を喜ばせる心。
真心を尽くす事は、自分を支える力になる。
心は見えない、だからこそ大切にすべきもの。
真心

気づきバッジ

言葉にできない感動を。
プロである以上、お客様が求める前に気づき、
言われる前に行動する。
お客様が何を思い、考えているかを気づき追求する。
その人、その場の空気に応じて求めるサービスの
期待を超える。
意識を集中させ、一足早く動き出す。
その気づきから、感動が生まれる。
心の感度を研ぎ澄まし、お客様の期待を超える。
気づき

きれい好きバッジ

飲食人として、清潔で整理・整頓されている。
自分の持ち場のきれいさが、仕事への想いをあらわしている。
無駄なものが無く、整理され、整頓されて、あるべきものが
あるべき所にキチンとある。
掃除をすることは、心を磨く事。お客様に気持ちよく
過ごして頂く為に心を込めて自分たちの手できれいにする。
身だしなみはもちろん、バックヤードや棚の中、見えない所も
徹底的に掃除する。
持ち場のきれいさが、仕事に対する心構えというもの。
きれい好き

人としてバッジ

礼儀・あいさつ・義理・人情を大事にし、
感謝の気持ちを大切にする。
受けた恩を忘れず、見返りは求めない。
人の気持ちと痛みを知り、親身になって分かち合う。
人として守るべき正しい道を進み(義理)、人の持つ
ありのままの感情を理解して(人情)接する。
感謝とは、言葉でなく表情に現れる。心無い感謝は、伝わらない。
心からの感謝だけが、相手に本心を伝える。
『人として』は、職場ではもちろん皆さんの
様ざまな人生のステージで大切です。
人として

ハングリーバッジ

強い覚悟が未来を変える。
強い気持ちを持ち続ける事、最後まで諦めない事、
勇気を持ち挑戦し続ける事。
気持ちが緩めば、落ちていくだけ。
安心(満足)からは何も生まれない。
諦めない、耐える力のバトンを繋げていく。
忍耐力が強い気持ちを作り、強い気持ちが未来を変える。
ぶれずに、真っすぐ突き進む事が自分に勝つ事。
ハングリー

声のトーンバッジ

第一印象が変わる、声の力。
明るい会話が飛び交えば、お店全体が元気に楽しい雰囲気になる。
ハキハキとした返事は、聞いていて気持ちがいい。
こちらの都合は、関係ない。
どんな時も「まいど」と元気にトーンを上げる。
元気で気持ちのいい対応が、サービスであり感謝の表れ。
仕事を楽しんでいる人は、自然といい声が出る。
仲間同士も同じ事、いい声を掛け合うとチームのトーンが
ひとつ上がる。
声のトーン

SPEEDバッジ

早さは、エンターテインメント。
商売は一発勝負、1秒の積み重ねが良い流れを作り出す。
即行動を大事にして、動きながら考える。
仲間との連携をスムーズにして、準備に万全をつくす。
誰よりも先に動き、速く動く事が
自分と相手の時間を創りだす。
きびきびとした動きは、お店を活気つける。
SPEED

全部自分責任論バッジ

目の前の問題を、自分の成長に変える。
結果が良い時もあれば、悪い時もある。
順調な時もあれば問題が起きる時もある。
大事なのはそこから何を学び次に生かすかだ。
他責からは何も学べない。
失敗しない人はいないし、当然問題は起きるのが前提。
仲間に感謝の気持ちを持ち、一旦は相手の立場に立って考える。
成果は仲間のおかげ、失敗は自分の責任。
何かのせいにして成長はない。周りを嘆くより、自分を変えろ。
自分が変われば、周りが変わり、環境も変わり、未来も変わる。
全部自分責任論

Btn pagetop 01